Skip to main content

浮いた外壁タイルの張り替え交換とモルタル目地の補修

By 2021年5月14日3月 6th, 2022タイル
外壁タイル修繕作業

打音検査をして浮いた個所のほとんどはエポキシ樹脂の注入で大丈夫でした。

本日はエポキシ樹脂では補強しきれない個所の外壁タイルをこちらのようにハツリながら張り替えていきます。

港北区でマンション修繕:タイルの補修

ちなみに張り替え部のタイルははつって撤去済みです。

すでにクリヤー塗装をしてある新品のタイルを貼っていきます。

張り替えたばかりのタイルは白く目立ちますが、その周りの汚れて劣化しているタイルは酸洗いによってこれからきれいに洗浄していきます。

外壁タイル修繕後

 

新品のタイルは築年数が経過しても在庫で残している場合もありますが、もしない場合は新たに窯焼きをして特注にて発注をします。

まったく同一でなくとも類似品のタイルが販売されていることもあります。

新規タイル貼付けがよくわかる写真

 

タイルの貼り換え後は目地モルタルをコテによって埋めていきます。

タイル張替え後モルタルで仕上げ

 

隙間がないようによくモルタル多を刷り込んでいきます。

タイルの目地を埋める

 

斜壁のためメッシュシートが切られていない場所なので余計高さが感じられるますが、丁寧に集中して作業をします。

メッシュシートがない斜壁高さを感じさせる

 

斜壁が終わったら下層階に移動していきます。

撤去された部分。

外壁はコンクリート、モルタル、タイルという順番になっていますが、これはコンクリートが見えている状態です。

タイル張替え前

 

こうして1枚1枚丁寧に張り付けていきます。

目地の直線がまっすぐになるように微調整をしながら張り付けていきます。

タイル職人によるタイル貼り

 

陶磁器質タイル用接着剤を使用して貼り付けていきますが張った後はタイルの重力で下がってくる場合があるため乾燥過程において高さを微調整して修正していきます。

微調整しながら行うタイル張替え

 

こちらは違う現場となりますがALC外壁建物のタイル張りの張り替え動画です。