Skip to main content
Category

屋上防水

屋上防水を改質アスファルトで施工する

By アスファルト・トーチ, 屋上防水

横浜市神奈川区のマンション屋上防水の記録です。夏の暑い時期に「改質アスファルト防水トーチ工法」を用いてトーチの炎と格闘しながら、きっちりと防水を仕上げた施工の様子です。
横浜市神奈川区のマンション大規模修繕工事現場の屋上。

image106

既存アスファルトシート防水の抑え金具を 防水職人が撤去しています。

image107

今回の工事は「改質アスファルト防水トーチ工法」で施工されます。

image108

立ち上がり全体に取り付けれている金具を外すのは、結構手間がかかります。抑え金具を撤去した後は、既存防水シートを撤去。

image109

はつり機を使用して切れ目を入れて、シートを剥がします。

image112

そのあと、既存防水の上に下地処理剤をローラーで塗布します。

image114

下地処理のあとは、アスファルトシートをトーチで炙りながら溶かして貼りつけていきます。

image116

きちんと密着させるため、鉄ローラーを使い転圧をかけます。

 

image117

並行して、既存防水の剥離や浮きの補修を行います。

image118

補修方法はアスファルトシートを切開をして、トーチで炙って貼り戻します。

image119

下地処理に続いて、アスファルトシートを貼り終えました。

image120

約300平方メートルの屋上は7日間で施工できました。(状態により前後します)

image121

このブログは「屋上防水を改質アスファルトで施工する マンション大規模修繕」の動画を抜粋しました。実際の施工風景をご覧になりたい方は動画をご視聴ださい。

郵便局の屋上防水工事・横浜市保土ヶ谷区

By ウレタン, 屋上防水

初夏に横浜市保土ヶ谷区の郵便局の防水工事を行いました。
その工程を詳しく写真で解説いたします。

kurukuru002

kurukuru001

20年振りとなる防水工事です。

kurukuru004

最初の工程は下地調整。

kurukuru007

既存防水シートと目地の撤去の様子。

kurukuru006

元の防水はアスファルト防水でした。

kurukuru005

劣化したアスファルトの撤去は非常に手間のかかる作業です。
手作業でアスファルトを削ぎ落とします。

kurukuru010

劣化の激しい場所を初めに樹脂モルタルで下地補修を行ないます。
目地シールを打つ前に一層目を入れておきます。

kurukuru011

樹脂モルタルが乾燥したら床目地にシーリング材を注入します。

kurukuru012

目地シールが乾いたら、再度樹脂モルタルを塗布、下地の劣化が少ないところは一度塗り、劣化の激しい場所は2度塗りになっています。

kurukuru014

樹脂モルタルが乾燥したら、通気緩衝シート用の接着剤を塗布します。

kurukuru015

そして、通気緩衝シートを敷きます。

kurukuru016

kurukuru017

立上り部分には補強布を貼ります。

kurukuru018

通気緩衝シート用の目止め材を塗布します。

kurukuru019

まだ凸凹ですが、塗り回数を増やすことで平滑になっていきます。

kurukuru020

目止め材が乾燥したら、ウレタンの一層目を塗布します。

kurukuru022

ウレタンの2層目、下地に比べ非常に平滑になりました。
立上り部もウレタンが塗布されています。

kurukuru023

最後の工程、トップコートを塗布します。

kurukuru024

トップコートを塗ることによって、紫外線や大気、水分からウレタンを守ります。

kurukuru025

kurukuru026

防水面が復活し、これでどんな雨や雪、台風がっあても、雨漏りはしません。

kurukuru027

ウレタン防水によって耐久性のある防水が完成しました。
kurukuru001

この施工方法はマンションなどでも行なわれています。
kurukuru029

この工事は動画でも御覧になれます。

ウレタン防水の通気緩衝工法 その2

By ウレタン, 屋上防水

現場は横浜市にある築30年ほど経過の鉄筋コンクリートの3階建てマンション屋上。
パラペット部分のウレタンを完成させトップコート。

image089

アンテナ架台もトップコートしていきます。

image090

ここでようやくウレタン一層目の塗布。

image091

アンテナ配線の収納ボックスを塗装。

image092

2層目も濃厚たっぷりに塗布することで、叩きつける大雨でも雨漏りの不安を一切払拭する、柔軟で肉厚のウレタン防水が出来上がっていきます。

image093

ローラーで全面に塗布していき、

image095

くし目型の道具で最適な量を平滑にウレタンを配り、そしてまたローラーで塗布していく繰り返しです。

image097

仕上げに緑色のトップコートを塗布。端に見えるのはステンレス製の「脱気筒」。下地から抜ける湿気を逃がしウレタンの膨れや浮きを防止してくれます。

image098

トップコートは強烈な紫外線から、ウレタン防水を保護し耐久性を伸ばしてくれます。

image099

熱い太陽光を遮って温度を下げる「遮熱性能」を持つ材料や、フッ素などの種類もあります。頻繁に歩行するベランダなどの場所には、滑り止めとしてゴムチップや珪砂を入れる工法もあります。

image100

天気にも恵まれて作業もはかどりました。

image101

このブログは「雨漏り完全防止。ピカピカ肉厚のウレタン屋上防水」の動画を抜粋しました。実際の施工風景をご覧になりたい方は動画をご視聴ださい。

ウレタン防水の通気緩衝工法 その1

By 屋上防水

「ウレタン防水通気緩衝工法」を採用の横浜のマンションで施工した屋上防水の様子です。
現場は横浜市にある築30年ほど経過の鉄筋コンクリートの3階建てマンション屋上。施工方法はウレタン防水の通気緩衝工法。

image074

紫外線などにより劣化してしまった施工前の屋上。 以前はシート防水で施工していましたが、これまで途中のメンテナンスとして、トップコートは行われていませんでした。本来はトップコートをこまめに行うことで耐久性をさらに伸ばすこともできましたが、防水表層のトップもかなり劣化が進行しており、雨漏り防止の対策が求められていました。

image076

施工はハツリ機を用いて既存防水シートの撤去からはじまります。

image077

旧防水層は全面を丁寧にきれいさっぱりと撤去することで、新たな防水層の浮きや膨れを防止します。

image078

サンダー掛けの下地調整後、樹脂モルタルをコテで平滑に塗布していきます。

image079

プライマー塗布後、床コンクリートシンダー目地部にシーリング。

image080

パラペットあご下のシーリング。

image081

目地奥部まで密着注入するようにコテで均していく。

image082

ウレタンをローラーで塗布しながら通気緩衝シートを貼っていきます。

image083

通気緩衝シートは、劣化した下地による悪影響の遮断と、新たな防水層の下に通気層を作ることによって、

image084

下地からの湿気を逃がし膨れなどのトラブルを防止します。

image085

シートの穴をウレタン専用の目止め材で、隙間なくコテで埋めていきます。

image086

中腰で作業するので、足腰に結構負担が掛かりますが、漏れがないよう集中です。

image088

このブログは「雨漏り完全防止。ピカピカ肉厚のウレタン屋上防水」の動画を抜粋しました。実際の施工風景をご覧になりたい方は動画をご視聴ださい。

横浜アスファルト防水工事完了です

By ウレタン, 屋上防水

横浜市神奈川区で行っているマンション大規模修繕。
トーチ工法で行ったアスファルト屋上防水工事が完了しました。

これは最後の工程、職人がアスファルトにトップコートを塗装をしている様子です。

 

そして、完成した屋上防水の様子です。

このマンションの大規模修繕の模様はこちらの動画から御覧いただけます。

横浜でアスファルト屋上防水

By アスファルト・トーチ, 屋上防水

横浜市神奈川区のマンション大規模修繕。屋上防水は「改質アスファルト防水トーチ工法」という工法で行いました。
この工法はアスファルトをコーティングしたシートをトーチバナーで溶接施工します。

 

トーチの炎は、かなりの熱さで防水職人は汗だくになって作業を進めました。

この作業はこちらの動画で御覧いただけます。

神奈川区、大規模修繕作業開始です。

By 屋上防水, 防水担当の日誌

先日神奈川区で始まった大規模修繕ですが、足場を掛けていざ作業開始です。

初日はベランダまわりの養生、軒、玄関付近のシール撤去と、屋上の防水撤去作業です。

工期的にうちの職人だけでは足りず下請けさんの手も借りながら一緒に作業を進めました。

daikibo-shyuuzen001

daikibo-shyuuzen006

daikibo-shyuuzen002

外壁補修は来週あたりからみっちり入る予定です。打音検査も見逃さないようにみっちりです。

daikibo-shyuuzen003

daikibo-shyuuzen004