タイルの打音検査とUカット

タイルの上をコロコロと打診棒で転がしています。

音を聞き分けて浮いている箇所を見つけ出します。

067

010

 

他のマンションですがこんな感じです。


数年前の震災の地震の時に、外壁が道路にごっそり剥がれ落ちていたニュースがありましたね。

あれも確か横浜だったような気がしますが、タイルはそこまでごっそり剥がれ落ちることはありません。

これまでもの修繕工事でもタイルのはがれて落ちることはほぼありませんが、寸前なものはあります。

あとははがれるまでもないけれど浮いている場合ですね。

017

 

こちらはUカット。

外壁のクラックにダイヤモンドなどの固い刃のついたディスクサンダーで溝を入れていきます。

004

細い幅のひび割れがあってもそこにコーキング材やエポキシ樹脂を注入しずらいので、わざと幅を広げています。

どこかのサイトでお見掛けしましたが、それを戸建ての一般の家でやっているのを見たことがありますが、戸建てでのUカットは絶対NGです。

鉄筋コンクリートと戸建ての外壁では、厚みが違います。

しかも戸建てはコンクリートではなく、モルタルで暑さも1.5センチほど。

壁厚さ10㎝以上になるRCだから有効な手立てなのです。

005

 

外壁のこのような補修を全面的に「下地補修」と言いますが、それはこちらに詳しく乗せています。

008

 

カットして樹脂モルタルで埋めます。

場合によっては、シーリングをして樹脂モルタルで仕上げる場合もあります。

023

その他マンションの動画はいろいろ収めてます。

よろしかったらこちらものぞいてみてください。

では引き続き、今後の状況をお伝えしていきます。

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)