大規模修繕の塗装職人

徹底的な下地調整で塗膜を長持ちさせる。

老人ホームの鉄部を塗装しました。

とても傷みが進んでしまっていて、中には腐食して穴が空いてしまっている部分も。放置しておくと怪我をする危険もあるので、耐久に関わってくる部分の穴はしっかりと溶接しました。本来ならば全て溶接するのが安心なのですが、予算的に難しいものがあったので一部分の補修作業です。
目に見えて浮いた塗膜は手でも剥がれるほどになっていました、ディスクサンダーやヘラ、紙やすりを使って手作業で古い塗膜を剥がしていきます。これを「ケレン」と良い、一般住宅の外壁塗装の際にも行われている工程の1つです。

錆び止めを下塗りとして塗布すると塗料が染み込み古い塗膜が浮き上がってきますが、これもまたケレンをし錆び止めを一部塗り直して、徹底的に下地調整をしていきます。後に中塗り、上塗りと塗料を塗り重ねて、厚い3回塗りで仕上げ。メーカー規定の希釈率で薄めた塗料は効果を最大限に発揮して、錆びの進行や傷みを抑える働きをしてくれます。

クサビ足場と塗装を長持ちさせる高圧洗浄

横浜市で行った4階建てマンションの修繕(改修)工事、足場と高圧洗浄の様子。

クサビ足場を二日間に渡って組み上げ、塗装作業の準備を進めます。このクサビ式は足場板が幅広で安定性があり、強固なので作業が行いやすいのです。塗料の缶など材料を置くことができますし、腰を据えて塗装に集中できるので質の高い工事が可能になります。

次に高圧洗浄機を使用しての水洗い。塗装面の汚れや、カビやコケなどの付着物を入念に洗い落とすことで、下地と塗料の密着度が向上し塗膜が剥がれにくくなります。長持ちする塗装のためには、この水洗いをおろそかにすることはできません。

最高150キロ圧出る洗浄機を使用して、屋根から外壁、内壁や階段、床などをしっかり洗い流します。(一部のタイルには弱酸性洗浄材を使用。)階段など塗膜の弱っているところは水流で削り落すように洗い、塗装、またタイル張り替えや防水工事に備えました。

 

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)