改修・修繕・防水工事 横浜市内の工事実績
保土ヶ谷区のマンション、施工前の外観

外観です。汚れが広範囲にあり、クラック(亀裂)も全体的に及んでいます。

外壁のクラック

クラックです。よく見ると錆び汁のようなものがうっすら出始めてきています。

外壁の打音調査

テストハンマー(打診棒)を転がし、打音の違いによって、モルタルの浮き部を調査していきます。見逃さないように慎重に検査していきます。

外壁モルタルの浮きがあった部分へのマーキング

同時に浮き部には、スプレーでマーキングしていきます。

外壁モルタルの浮き部分の穿孔

マーキング部をドリルにて、コンクリートに達するまで穴(穿孔)を開けていきます。

外壁モルタルの穿孔した部分のアップ

こんな感じです。後で挿入するステンレスアンカーピンの直径より2ミリ程度大きい穴を開けていきます。

複数の穿孔をした外壁モルタル

クラックの周りが特に浮いていました。雨水の影響も考えられます。

穿孔部分の清掃

ドリルで穴を開けた際にできたコンクリートの粉塵カスをエアーで吹き飛ばして、中をキレイにします。

二液型のエポキシ樹脂をグリスガンに詰めている

二液型のエポキシ樹脂をグリスガンに詰めます。主剤と硬化剤を混合して使用します。非常に強力な接着力があります。

外壁モルタルの穴を開けた部分にエポキシ樹脂を注入している

穴にエポキシ樹脂を少しづつ注入していきます。強い力で注入すると圧力でモルタルが余計に浮いてくることも考えられる為、力を加減して注入していきます。

外壁モルタルの穴にエポキシ樹脂を注入した状態

エポキシ樹脂が奥まで行き渡るように注入します。半透明なエポキシ樹脂が見えます。

エポキシ樹脂を注入中

上の穴から注入したエポキシ樹脂が、グリスガンの押す圧力によって、下のモルタル欠損部の穴から出てきています。コンクリート躯体とモルタルに剥離が生じている証拠です。

複数の穴にエポキシ樹脂を注入した状態

浮いている箇所は全体的に注入します。

外壁モルタルのエポキシ樹脂を注入した部分にステンレスピンを挿入中

全ネジステンレスピンを突き当たりの奥深くまで挿入していきます。コンクリートとモルタルのすき間に対して、アンカー効果で剥離を防止します。

全ての穴にステンレスピンを挿入した状態

アンカーピンをすべての穴に挿入完了した状態。

アンカーピンを挿入した状態の外壁

こちらもアンカーピンを挿入した状態の外壁。

外壁モルタルの補修後

幾つか見えていたクラック(ひび割れ)をエポキシ樹脂モルタルで処理しました。補修すると同時に補強してこれ以上のクラックを発生させないような施工をしていきます。

外壁から内壁までの貫通クラックが原因での、内壁のエフロレッセンス(白樺現象)

階段室内です。窓周り下のエフロレッセンス(白華現象)。外壁から内壁までの貫通クラックが主な原因。見にくいですが窓下に横一線にクラックが生じています。

屋内天井のエフロレッセンス

階段室内の天井にできたエフロレッセンス。雨水などの漏水によって、コンクリート成分の炭酸カルシウムが溶け出してできた白いシミ。

階段のクラック

階段にも大きなクラックが生じています。

階段にできた大きなひび割れ

階段正面から見たクラックの状態。かなりの大きさの亀裂が横に走っています。