鉄部のサビ

入念な除去と再発予防!鉄部のサビ補修:劣化状況によって素地調整の等級が分けられています!

排水溝カバーのサビ
鉄部のサビ
鉄扉のサビ
接合部のサビ
鉄部のサビ
通気口カバーのサビ
ベランダのフェンスのサビ
鉄部のサビ
蛍光灯カバーのサビ
鉄階段裏のサビ
鉄階段のサビ

原因と対策

原因

経年劣化や、地震などの強い力が加わったことが原因と思われます。

鉄部のサビが発生する原因

対策

サビを完全に除去し、再発を予防します!

下地補修(鉄部面の下地処理方法)

①劣化塗膜の除去

劣化塗膜(浮き、ワレ、ハガレ、フクレ)はケレン工具を用いて、入念に除去します。
活膜(素地に密着している塗膜)は残してよい。

②錆の除去

鉄部の塗装では最も重要な工程です。
錆を残したまま塗装したのでは、いかに良い塗料を使用しても期待通りの性能・寿命が発揮できません。部位によっては異なりますが、ワイヤーブラシ、サンドペーパー による手ケレンや電動工具によって錆を十分に除去します。

③清浄

全面に軽くサンドペーパーを当てウエス等で拭き取ります。
ほこり、汚れなど付着物を残したまま塗装しますと密着性が低下します。

塗替時の素地調整の等級

素地調整の程度 1種ケレン
旧塗膜の状態 腐食が特に著しい状態
素地調整後の素地状態 古い塗膜、腐食部分を完全に除去し、金属下地を出す。
工具及び方法 ブラスト法
素地調整の程度 2種ケレン
旧塗膜の状態 塗膜が劣化して、腐食が目立っている状態
素地調整後の素地状態 古い塗膜、腐食部分を除去して、金属下地を出す。
活膜が存在する場合は残す。
工具及び方法 ディスクサンダーなどの電動工具と、ワイヤブラシなどの手動工具
素地調整の程度 3種ケレン
旧塗膜の状態 塗膜のほとんどは活膜だっが、部分的な損傷や錆びの発生が見られる状態
素地調整後の素地状態 全体的にケレン工具をあてて劣化した塗膜は除去し、錆びが発生している部分の錆びを落として金属下地を出す。
工具及び方法 2種ケレンと同じ
素地調整の程度 4種ケレン
旧塗膜の状態 塗膜は活膜だが、白亜化(チョーキング)や変色を起こしており、付着物などが多い状態
素地調整後の素地状態 粉化物や汚れを除去して清浄にする。
工具及び方法 ワイヤブラシやサンドペーパーなど手動工具

改修・修繕・補修・防水、横浜を中心に、神奈川県内、一部の東京都内のマンション、横浜塗装職人をぜひお役立てください!

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)