外壁のクラック(ひび割れ)

雨の進入を完全防水!クラック(ひび割れ)補修:国家資格の樹脂接着剤注入施工技能士を主軸にした職人が施工!

クラックを放置すると、大気中の炭酸ガスや水の浸入によりコンクリートの中性化を促進させます。
中性化が鉄筋まで及ぶと、鉄が錆びて膨張してコンクリートを押し出す「爆裂現象」を引き起こします。

RC住宅のクラック(外壁)
RC住宅のクラック(ベランダ笠木)
RC住宅のクラック(外壁)
RC住宅のクラック(階段笠木)
RC住宅のクラック
RC住宅のクラック(外壁)

原因と対策

原因

地震等、建物に加わる外力によるものです。
コンクリートの乾燥時や季節で異なる温度乾湿の差によって起こる体積収縮等の要因により発生するものと考えられます。

クラックの劣化度合い

対策

0.5mm以上のクラックは、エポキシ樹脂注入やUカット処理による補修が必要です。0.5mm未満のものはフィラー等のすり込みにて処理します。

(1)Uカット工法

①大きなひび割れ幅(0.5㎜以上)は電動カッターでクラック幅を中心にUカット処理(幅10㎜深さ10㎜)を行い溝内を清掃します。

②シーリング用プライマーを塗布した後、2液形シーリング材を充填します。

③硬化乾燥後その段差をカチオンフィラー(カチオン系フィラー)で面調整を行います。

クラックの補修の仕方

クラック補修後の模様付け(下地の段差修正の方法)

下地調整で劣化膜などを除去すると模様の不揃い箇所・段差が生じます。
この段差を残したまま塗装すると、仕上げ塗料の種類によって異なりますが 仕上がり程度が一般的に悪くなります。
この傾向は仕上げ塗料の膜厚が薄いものほど顕著に表われます。
従って仕上がり精度を高めるためには塗膜除去した箇所を旧塗膜のパターンに 似た状態に回復しておくことが大切です。

下地がリシン仕上げの場合

剥離した箇所にリシンを吹付け周囲と同じ模様に合わせる。

リシンの場合のクラックの補修方法

下地が吹付けタイル仕上げの場合

剥離した箇所を既存仕上材と同じ様に吹付けタイルを吹付け仕上げる。

吹き付けタイルの場合のクラックの補修方法

下地がモルタルや下地調整材から剥離している場合

モルタルあるいは下地調整材で補修して同じように仕上げる。

下地から剥離している場合の補修方法

(2)低圧エポキシ樹脂注入工法

①電動ドリル(φ5㎜)で(250~300mmの間隔、20mm以上)、コンクリートに達するまで注入孔をあけ、圧縮空気などを吹付けてコンクリート粉末を清掃します。

②注入孔位置に注入台座をシール材で取り付ける。

③ひび割れ部に幅30mm、厚さ2mm程度に2液形シーリング材を塗付してシールする。

④手動あるいは自動式低圧ポンプもしくは注入器具でエポキシ樹脂を注入します。

⑤注入したエポキシ樹脂が硬化するまで注入器具を取り付けたままの状態で硬化養生を行なう。

⑥注入器具及びシール材を皮スキ、ディスクサンダー等で除去し、仕上を行なう。

低圧エポキシ樹脂注入工法

RC(鉄筋コンクリート)のクラック(ひび割れ)補修事例:クラックを放置すると鉄筋に錆が発生!爆裂現象などの原因に!

外壁のクラック

建物を雨漏りから守るためにも、クラック補修はとても重要です。

クラックは爆裂とちがい目視で確認できます。

外壁のクラック

クラックに雨水が浸入すると、コンクリート内部の鉄筋の錆を発生させRC造の耐久性を低下させる要因にもなり、外観も損ねてしまいます。

目にひび割れ幅が広い、狭いそれぞれにおいて、最適なクラックの補修というものがあるため、国家資格の樹脂接着剤注入施工技能士を主軸した職人が処理を行っています。

作業のポイント

特にエポキシ樹脂は主剤と硬化剤を規定通りに混練し扱うことで、よりひび割れに対する効果を発揮します。
クラック補修は、国家資格にも指定されているように、道具と材料の使い分けがその後の再発防止にもとても重要です。

雨漏りや鉄筋の腐食を今以上避けるためにもクラックの専門家でもある国家資格の樹脂接着剤注入技能士を主軸にした職人が施工させていただきます。

クラック補修例・フィラー&セメントフィラー

セメントフィラー

微細なクラックは、フィラーというクラックに対応する下塗り塗料で埋めます。
ドロドロした塗料を下塗りとして使用しながら塗装膜の肉厚によってクラックを防止します。
ほかのクラック補修をした後の場合でも、このフィラーを使用しますが、微細なクラックはこのフィラーの刷り込みによってクラックを埋めるという作用もあります。

クラック補修中の外壁2

またポリマーセメント下地調整材であるセメントフィラーという塗材で刷り込む方法で埋める場合もあります。
Uカット工法の場合も、シール材を充てん後に兼用します。

クラック補修例・パラテックス

自閉樹脂塗膜防水材パラテックス

雨水に塗れるとパラテックスが膨張してクラックを埋めてるという、自閉樹脂塗膜防水材として使用しています。
クラック止水材としては高性能のため、使用頻度は多いです。

パラテックスを使用してのクラック補修中の壁1

Uカット工法の仕上げと材として使うこともあります。

パラテックスを使用してのクラック補修中の壁2
パラテックスを使用してのクラック補修中の壁3
パラテックスを使用してのクラック補修中の壁4
パラテックスを使用してのクラック補修後の壁

クラック補修例・シール工法

クラック補修シール工法

クラック表面をコーキングガンにてシール材で覆うようにシール処理する方法です。
クラックが挙動しない場合にはパテ状エポキシパテ、挙動が少ない場合にはプライマー処理後可とう性エポキシ樹脂や一般的なシーリング材を使います。
挙動が大きく予想される場合はUカット工法となります。
主に0.2ミリ以下の微細なクラックに対して適用します。

クラック補修例・Uカットシール材充てん工法

プロベストUカッター

ひび割れの幅が広くおもに挙動すると予想されるクラックに対して行っています。
ダイヤモンドカッターを取り付けたディスクサンダーにて、幅1㎝、深さ1.5センチほど外壁に溝を入れて、粉塵などを掃除してプライマー処理後、挙動が割と少ない場合は可とう性エポキシ樹脂などを充填して均したあと、状況に応じて樹脂モルタルなどで補修仕上げをします。

プロベストUカッター

ただUカットをするようなこれまでの現場では、挙動が大きい理由でクラックが発生した場合も少なくなく、その場合にはポリサルファイド系やポリウレタン系などのシーリング材を使用することもあります。
最近の変性シリコンではブリードを起こすものも多いため、使用する材料にも配慮して施工しています。

Uカットシール材充てん工法のUカット作業
Uカットシール材充てん工法の下塗り作業
Uカットシール材充てん工法のシーリング作業
Uカットシール材充てん工法のシーリングならし作業
Uカットシール材充てん工法の完了の様子

クラック補修例・ひび割れエポキシ樹脂注入工法

ひび割れに沿って穴を開けエポキシ樹脂を注入させてクラックを埋めていく方法です。
自動式低圧、機械式、手動式がありますが、現場では主に手動式と自動低圧を用いて補修をしています。
クラック内部まで充填するために穴以外のクラック部をシールにて塞ぎながら処理するのも特徴的です。

手動式エポキシ樹脂注入工法を施した壁

手動式
手動式では主に幅の広いクラックに対して行います。
グリスガンという道具にて、混練した高粘度のエポキシ樹脂を、クラック内部に空気の隙間を残さないようにするため、気泡が入らないようにコーキングガンに詰めて注入していきます。

手動式エポキシ樹脂注入工法を施工部のアップ

ひび割れが挙動しない場合は硬質形、挙動する場合には軟質形のエポキシ樹脂を使い分けます。
クラックに沿ってドリルにて穿孔する間隔としては、0.3ミリ以下は5センチから10センチ、1センチ以上のひび割れに対しては、20から30センチ程度の間隔を基本として、それぞれクラックのひび割れ幅をもとに対処していきます。

コーキングガンにエポキシ樹脂を注入中
コーキングガンにエポキシ樹脂を注入中
エポキシ樹脂を注入する穴を開けた壁
エポキシ樹脂の注入中
エポキシ樹脂クイックメンダー

低圧自動式
エアー、バネまたは輪ゴム等の加圧によって、注入器具から自動的にエポキシ樹脂を注入します。
およそ30㎝間隔でクラックに沿ってドリルにて穿孔し粉塵を除去します。
そこに注入孔座金を速硬化型のエポキシ樹脂パテのクイックメンダー、E390などのシール材で取り付け、同様にクラックの上からも塞ぎます。

自動式低圧注入ポンプ

注入孔座金に注入器具をセットして、加圧によりエポキシ樹脂取り付け注入していきます。
自動式低圧注入ポンプ工法の利点は、微細なクラックでも完全に埋めることができる点です。
微細なクラックに対しては低粘度の柔らかいエポキシ樹脂のほうがクラック内部の隅々まで充填し埋めることができますが、モルタルやコンクリートに吸収されて、クラック内部の隙間が埋まり切らない可能性があります。

その点この工法は、常に加圧によって自動的に注入し続けているため、注入直後はコンクリートに吸収されたとしても時間経過とともに徐々に粘度が高くなってくるため、隙間が残ることがなく微細なクラックにとても有効な補修方法です。

低圧自動式エポキシ樹脂注入工法を施した壁

室内の事例写真はクラックに沿ってエフロレッセンス(白華現象)が生じて、コンクリート内部まで突き抜けるような貫通クラックで、自動式低圧注入ポンプを用いてゆっくりと注入させてクラックを埋めています。

低圧自動式エポキシ樹脂注入工法を施した壁

挙動するクラックには硬質形、挙動しない場合は軟式形のエポキシ樹脂を使い分けるなど、現場での正確な状況判断も要求されます。

機械式
機械式は現場作業で行われていることも少なく、大がかりと必要性が少ないため当社で行っていません。

改修・修繕・補修・防水、横浜を中心に、神奈川県内、一部の東京都内のマンション、横浜塗装職人をぜひお役立てください!

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)