爆裂(コンクリートの押し出し・鉄筋露出)

鉄筋の錆の再発を予防!RC壁の爆裂補修:徹底的に脆弱部と錆を除去!再発を最大限予防します!

クラックなどから雨水が浸入して、躯体内の鉄筋に錆が生じた結果膨張してコンクリートが押し出された状態。重度の場合は、鉄筋が露出した状態となり、コンクリートが欠落する恐れも。鉄筋コンクリート以外にも、ALCによるボルト穴からの爆裂現象もある。

RC住宅の爆裂現象(外壁)
RC住宅の爆裂現象(外壁)
RC住宅の爆裂現象(外壁)
RC住宅の爆裂現象(天井)
RC住宅の爆裂現象(天井)
RC住宅の押し出し
RC住宅の爆裂現象(Pコン部)
RC住宅の爆裂現象(Pコン部)

原因と対策

原因

①クラック(ひび割れ)等から雨水や炭酸ガスが躯体内に浸入。
②コンクリート中性化が促進される。
③躯体内の鉄筋に錆が発生する。
④発錆により、鉄筋の体積が膨張。
⑤鉄筋周辺のコンクリート片が押し出される。

爆裂現象の劣化度合い

対策

押出されたコンクリートを削り取り、露出鉄筋の防錆処理後、エポキシ樹脂モルタルで成型します。
クラック追従性を考慮した改修仕様の選定、防水施工箇所の見直し等が求められます。

①コンクリート内部から錆汁が流れていたり、鉄筋が腐食、膨張し、コンクリートが浮いている箇所及び既に剥がれて鉄筋が露出している箇所を打検ハンマーで調査します。

②補修箇所をラッカースプレーでマーキングし、場所や面積を図面に明示します。

③補修箇所をハンマー等でハツリ落とし、鉄筋を露出させ、ワイヤーブラシ等でサビ落としを行い清掃します。

④鉄筋部分に、ハイポン20デクロ(特殊エポキシ樹脂錆止め塗料)などの塗布により防錆処理を行う。

⑤欠損部への埋め戻しは、エポキシ樹脂モルタルをコテで塗布します。

⑥補修後の下地調整は、カチオンフィラー(カチオン系フィラー)をローラー塗装し面調整を行います。

爆裂の補修の仕方

RC(鉄筋コンクリート)の爆裂(鉄筋露出・押し出し)補修事例:念入りなケレン作業、防錆性の高い錆止め塗料の塗布が重要!

爆裂は中途半端な施工をすると、鉄筋の錆のままふたをすることにもなるため、徹底的に脆弱部と錆を除去するように補修をします。

目に見えない潜在的な一歩手前の状態の爆裂も、念入りな打検調査も肝心です。

爆裂部の鉄筋には高性能な錆止め塗料にて処理をし、エポキシ樹脂モルタルなどで補修し爆裂の再発を防止しています。

作業のポイント

材料はポリマーセメントモルタルも可能ですが、大きい爆裂にはエポキシ樹脂モルタルの方が適しています。
補修前にはいずれも、脆く弱くなっているモルタルやコンクリート部を余すことなくできるだけはつり、ほこりなどのそうじ後に、ワイヤーブラシやディスクサンダーなどで鉄筋の錆を完全に除去することが重要です。

昔の鉄筋コンクリートの建物の場合は、今のように山砂ではなく海砂を混ぜたコンクリートも少なくなかったようです。
もともとコンクリートは、鉄筋を錆させないようにアルカリ性を保っていますが、クラックなどによって空気と水が浸入すると、アルカリ性から中性化に変わってしまい、錆が進行する環境に変わっていきます。

海砂を使ったコンクリートの場合は、その中性化がさらに早く進むと言われています。
塩分はどうにもなりませんが、錆再発予防のためには錆を除去するケレン作業と防錆性の高い錆止め塗料の塗布もとても重要です。

コンクリート内部と塗膜をわかりやすく抜きはずした状態

マンション外壁からコア抜きをしたコンクリートと塗膜等の断面

爆裂補修例 外壁

サビが原因による爆裂

コンクリート内の鉄筋が膨張して、モルタル下地を押し上げて爆裂した状態。
耐力壁のかぶり厚は3センチとも言われていますが、1センチ以下の建物もよく見かけます。
これではクラックから入った雨水が鉄筋に早く伝わりやすくなってしまいます。

外壁の打音検査

鉄筋の場所はもう移動することはできません。できるだけ再度爆裂の可能性を排除する必要があります。打音検査で目視できない隠れた爆裂を探すのも重要になってきます。

ワイヤーブラシ等で錆を落とし、錆止め塗料を塗ります。

爆裂部のケレン
爆裂部の下塗り後

その後、樹脂モルタルなどで補修をし、外壁まわりの模様に合わせた塗装方法により、補修跡も目立たなく仕上がります。

樹脂モルタルで補修後の爆裂部
爆裂部の補修完了

足場の揺れを止めるアンカーボルト部分の錆によって爆裂した例。
錆止め処理後モルタル等で埋め、その後塗装をします。

アンカーボルト部の爆裂
アンカーボルト部の爆裂部をモルタルで埋めた状態
外壁の爆裂補修
鉄筋露出の補修

爆裂補修例 斜壁

斜壁の爆裂補修1

垂直の外壁と違い、斜壁の場合はよりクラックなどからの雨水が入りやすくなるので、より慎重に補修をします。

斜壁の爆裂補修2
斜壁の爆裂補修後

爆裂補修例 天井面

天井の露出鉄筋部への補修では脆弱部をよくはつって撤去しケレンすることが大事です。
充填したモルタルがその重さによる密着不足の可能性も出てきます。

タガネなどで撤去した後は、ほこりなどを掃除して強固なコンクリート素地を出します。

天井面の爆裂
天井面の爆裂部のはつり作業

十分にプライマー(接着剤)を塗布させた後に乾燥させて、強力な密着力のある特殊骨材が配合された2成分型の軽量型のエポキシ樹脂モルタルなどを使用して充てんして均します。

そうすることで、垂れもなく跡もなく耐久性のある補修となります。

天井面の爆裂部にエポキシ樹脂モルタルを埋め込んだ状態
天井面の爆裂部にエポキシ樹脂モルタルを埋め込んだ状態(拡大)
天井面の爆裂補修施工後

モルタルが乾燥後は、機械研磨をして塗装によって仕上げをします。

爆裂補修例 鉄部埋め込み部

鉄の窓てすり

鉄の窓てすりなどの根元の部分からの爆裂もあります。
この事例はクラックからの雨水侵入が原因で、コンクリート内部に埋め込まれている部分の手すりがさびて爆裂を起こしていました。

鉄部埋め込み部の爆裂
鉄部埋め込み部の爆裂の内部
鉄部埋め込み部の爆裂部の下塗り後
鉄部埋め込み部の爆裂部に樹脂モルタルを埋め込んだ状態

爆裂補修例 Pコンの穴

Pコンの穴は通常モルタルで埋めっていますが、そのモルタルが外れたりする場合もあります。爆裂ではありませんが、穴の中のボルトがさびて外観を悪くするので、モルタルで再度埋めなおします。

Pコン部の爆裂
Pコン部の爆裂を補修後

改修・修繕・補修・防水、横浜を中心に、神奈川県内、一部の東京都内のマンション、横浜塗装職人をぜひお役立てください!

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)