ブリード汚染:シーリング材の影響による塗膜汚染

ノンブリードのシーリング材でブリード対策

シーリング材の影響により、塗膜を汚染してしまう劣化現象です。
目地やクラック補修部など、シーリングを施した場所で起きます。

外壁のブリード汚染
外壁のブリード汚染
クラック補修跡のブリード汚染
クラック補修跡のブリード汚染

原因と対策

原因

サッシ周りや外壁の目地、クラック補修に使用されたシーリング材と塗料の相性が悪い場合に化学変化を起こして、可塑剤(シーリング材に柔軟性を持たせる原料)が塗装表面を侵して、塗膜に粘着性を持たせ表面がベタつくことにより、空気中のホコリなどが付着し汚染してしまいます。

また、降雨などによりその汚れがが壁をつたって流れて、筋状に汚染してしまったりもします。

シーリング材のブリード汚染の原因

対策

アクリルウレタンシーリング材やノンブリードタイプなどの、可塑剤が表面に出にくいシーリング材で改修を行うことが必須です。

改修・修繕・補修・防水、横浜を中心に、神奈川県内、一部の東京都内のマンション、横浜塗装職人をぜひお役立てください!

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)