劣化原因と補修工事:外壁の種類や、箇所別にご紹介

劣化場所をしっかりと調査。再発を最大限抑制:劣化場所の材質劣化の状態によって最適な工法を施工!!

マンション外壁の劣化

劣化は必然的に起こってしまうものなので、100%防止するということは不可能です。

しかし、劣化の状況や劣化部分の材質などに合わせて、最適な工法で修繕することで、再発を最大限抑制することが可能です。

そういったマンションの劣化現象には、主にこういうものが多く見受けられます。

チョーキング
(白亜化)
吹き付けタイル等の旧塗膜が、紫外線、水分等によって塗膜樹脂が分解し、塗装膜表面が粉状になる状態。 指で触れると粉がつく状態。
塗膜汚染および
コケ・藻の付着
空気中の汚れなどが、雨ダレなって付着し、また日当たり不良等の環境下でコケ、藻発生付着により美観を損ねている状態。
塗膜の亀裂 経年による温度差や乾湿によって塗膜が劣化し、現仕上げ塗装膜の表面が細かく微細に割れている状態。
下地調整材の浮き 躯体コンクリートの巣穴や段差等を調整するためにセメント系下地(モルタル)をコンクリート上に施工していますが、建物に加わる外力およびひび割れから水分が浸入して、相互の付着力低下による接着不良の状態。
ひび割れ
(クラック)
躯体の動きにより起こる割れ目。またセメント製品は乾燥の際および季節により異なる温度・乾湿の差によって体積収縮(熱による膨張)が生じ、割れ目ができた状態。
エフロレッセンス
(白華現象)
コンクリート内のアルカリ成分が、ひび割れに沿って水分とともに流失し白い結晶となっている状態(水廻りによる白華現象)コンクリートの劣化が生じていることを示している。
爆裂現象
コンクリート押出
鉄筋露出
ひび割れ箇所などから水や炭酸ガスがコンクリート内に浸入することにより、コンクリート内部の鉄筋にさびが発生し、体積が膨張することで周囲のコンクリートを押し出し破壊する状態。
発さび さびは塗膜劣化の種類の中で最も重要な劣化指標になるものである。さびにはフクレを伴わないさびと、フクレが破れて発生するフクレさびがあり、分布状態も全面的に均等に分布している場合、部分的に密集している場合、糸状に密集している場合などいろいろある。
磁器タイル 磁器タイルの目地部はモルタルが露出しているため、外的影響を受けやすく、粉化、ひび割れ、欠落等の発生により、防水機能が低下する。
また、磁器タイルは浮き、割れ等の発生により欠落にもつながる。磁器タイルの欠損は、躯体保護機能低下および美観が低下するばかりか、欠落時の人身事故のおそれもある。

塗装職人では、様々な現場で作業をしてきた経験豊富な職人が、劣化の状況や材質などをしっかりと見極め、適切な施工を実施致します。

では、その過去に実際に当社が施工した、劣化と修復の様子を、箇所ごとご紹介していきたいと思います。

ALC外壁の劣化原因と補修工事

RC外壁の劣化原因と補修工事

  • クラック
  • 錆が原因による爆裂
  • コンクリートの欠損
  • モルタルの浮き
  • 白樺現象(エフロレッセンス)
  • サビ汁汚染

外壁全般の劣化原因と補修工事

  • カビ・コケ・藻などの付着
  • 塗膜の浮き・膨れ・剥離
  • 雨だれ汚染
  • 塗膜のひび割れ
  • シーリングの劣化
  • ブリード汚染
  • チョーキング
  • 色あせ・退色

その他の劣化原因と補修工事

  • 屋上の劣化
  • ベランダの劣化
  • 廊下の劣化
  • 階段の劣化
  • 鉄部の劣化

改修・修繕・補修・防水、横浜を中心に、神奈川県内、一部の東京都内のマンション、横浜塗装職人をぜひお役立てください!

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)