下地診断・調査 塗膜付着力試験

塗膜付着力試験の様子

塗膜付着力試験

塗膜の付着力を調べて塗装が可能な状況を調べます。
通常はまず問題ありませんが、新築から結構年数が経過している建物で、何度も塗装をしている場合は、塗膜の厚みからくる重みなども加わり素地からの密着力が低下していることもあります。
密着力が低下しているまま塗装をすると、表面がきれいになったとしても、そのうちに大規模な面積による塗膜剥離などの可能性もあり余計に状況を悪化させてしまいます。

塗料ははじめは液状ですが、塗ると水分や溶剤が蒸発して、結果的に樹脂などが残り建物を守る役割をしていますが、外壁種類や劣化状況によっては、1平米あたり1kg近くにもなる塗料を塗ることもあります。

それを考えた場合、100平米で100キロの塗料を塗ることにもなり、それが新築からこれまで何度も改修などをして塗膜の層がそのたびに重ねられれば相当な重みになり、一番下の層の塗膜の密着力が耐えられないこともあります。

3回目以上の改修は、念のため塗膜付着力試験機で診断をしたほうが良いでしょう。

検査は引張試験器のアタッチメントに速乾のエポキシ樹脂など外壁に密着させます。
接着の固定化が確認されたら、徐々にアタッチメントを引き離すように力を加えていきます。

その塗膜が剥離した時の数値を測定して、密着力の強度を調べます。

塗膜付着力試験の様子
塗膜付着力試験の様子

通常の診断では必要ありませんが、築年数が経過したマンションやビルなどでは対応可能です。
状況によっては実費を頂く検査となる場合もありますが、お問い合わせはお気軽にご連絡ください。

マンションやビル修繕工事に必須な神奈川県知事による塗装工事業許可のもと、主に低層マンションやビルを中心に、行っています。通話料・お見積り無料!お気軽にお電話ください!0120-382-361 受付時間 9:00~20:00(土日も営業)

メールでのご依頼ご相談はこちら

下地調査の調査結果を報告書としてまとめ、お見積書と一緒にご提出します。横浜塗装職人の下地診断・調査をぜひお役立てください!!

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)