下地診断・調査 屋上防水検査

屋上防水検査の様子

屋上は目視で検査ができるため、劣化場所見逃すことはありませんが、後からの予想外の追加工事にならないよう、下地の状況をよく見極めておく必要があります。

実際に工事に着手して下地の補修を始めたら、予想外に状況が悪く手間と時間が掛ってしまった、でも追加工事の費用は認めてくれない・・その結果一時しのぎの上からふたをするだけのような防水をしてしまうというような話も時々ですが見聞きします。

私たちでも下地が悪すぎて予想外に手間と時間を費やしてしまったり、追加費用のお願いをしてしまったりした経験もあります。

正しい施工をするためにも正確なお見積もりを出すためにも、それだけに下地の調査診断は重要です。

特に屋上は雨漏りもしやすい場所です。
浮きやクラックだけでなく、端末の収まり具合やドレン回りなども良く調査をしてより良い工事のために入念に調査をします。

排水口周りの劣化や詰まり

排水口周りの劣化や詰まり

屋上床防水層のクラック

屋上床防水層のクラック

シンダーコンクリート

シンダー目地の反り上がり、クラック、モルタルの浮きやパラペットなどの状態を見ます。

屋上床のシンダー目地
屋上防水のクラック

ウレタン防水

ウレタンの劣化、フクレや切れがないかどうか、トップコートの塗布のみで、まだ持たせられるかどうかを調査します。

ウレタン防水の屋上

シート防水

シート同士の接合部の切れや剥離、端末部の金具の劣化状況も確認します。

屋上床のシート防水の劣化
屋上床のシート防水のクラック

アスファルト防水

アスファルトの劣化、継ぎ目などを見ます。

アスファルト防水の排水口周りの劣化
屋上床のアスファルト防水の劣化

FRP防水

ガラス繊維のクラックや穴などの調査やトップコートの剥離の確認もします。

FRP防水の劣化

マンションやビル修繕工事に必須な神奈川県知事による塗装工事業許可のもと、主に低層マンションやビルを中心に、行っています。通話料・お見積り無料!お気軽にお電話ください!0120-382-361 受付時間 9:00~20:00(土日も営業)

メールでのご依頼ご相談はこちら

下地調査の調査結果を報告書としてまとめ、お見積書と一緒にご提出します。横浜塗装職人の下地診断・調査をぜひお役立てください!!

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)