国家資格と職人紹介

神奈川県知事許可の塗装工事業/足場工事業の許可証

神奈川県知事許可の塗装工事業/足場工事業の許可票

神奈川県から建設業の許認可を受けています。

国家資格の一級塗装技能士と一級防水施工技能士

一級塗装技能士の合格証書

一級塗装技能士

一級塗装技能士は現場での実務経験が7年あれば、試験を受けられることができる国家資格です。
国が認める厚生労働大臣認定の一級と、都道府県知事が認める二級塗装技能士の二つがあります。

塗装職人では一級塗装技能士が必ず担当しますが、一級塗装技能士を持っているからといって必ず良い工事をするとも限りません。

工事の種類を問わず職人のする仕事は、その職人が持つ仕事への考え方やプライドも大きく関わってくるからです。

高度な技術が発揮されるには、それらが前提としてあってはじめて発揮されると考えています。

当社職人たちと話をすると理解していただけると思いますが、国家資格の技術のみならず、人間性にも職人性にも安心していただけると思います。

一級防水施工技能士

塗装と同じく防水にも国家資格があります。
当社では面積に応じて一級防水施工技能士が施工をします。

ちなみに塗装業として看板を出すには、このような資格は必要ありません。

現状はあってもなくても、取得する職人に直接のメリットを探すことのほうが大変な資格と言わざる得ない資格です。

それだけに取得する職人の仕事に対する意識は、他の職人より高いものだと言い換えることができるものだと思います。

ただ技術と経験が証明されている塗装技能士だけに、資格のない営業塗装店の下請けとして働いている場面が非常に多くあります。

「塗装技能士のいる塗装店」という名目だけにしか、その資格が使われていないのはとても残念なことです。

神奈川知事認定の塗装科職業訓練指導員

神奈川県知事認定の塗装科職業訓練指導員の免許証

実は塗装と防水の国家資格には、それ以上の「免許」というものが存在します。
職業訓練校で職人をプロとして育てる、「職人の先生」ともいわれる免許が職業訓練指導員です。

塗装であれば一級塗装技能士になって、はじめて受験資格が与えられるものです。
当社では、この免許取得者が4人います。

厚生労働省職業能力開発局がおこなう、連続7日間の指導理論の学科講習と実地を受けて、その後の試験で合格という、少し時間と手間がかかる免許です。
当社では、この免許取得者が6人在籍しています。

国家資格の樹脂接着剤注入施工技能士

厚生労働大臣認定の樹脂接着剤注入施工技能士の合格証書

コンクリートやモルタル、タイルなどのひび割れや浮きを修復するにも国家資格があります。

おもに強力なエポキシ樹脂を注入したりして補強する施工で、塗装前や防水前に最適な下地補修をしてより耐久性を伸ばす工事ができます。

塗装職人所属の精鋭職人のご紹介

神奈川・横浜塗装職人 代表 曽根省吾

代表 曽根省吾:塗装指導員・一級塗装技能士・神奈川県塗装協会・工事指導員・アーク溶接作業者

事前にどんないい工事を説明しても、結局はどの業者さんもいうことは同じです。

だからこそマンションの修繕や補修、防水工事において、業者選びに悩んでしまうわけですが、それでも確実にレベルのちがう仕事をどうすれば理解してもらえるのか、日々悩み奮闘中です。

精鋭職人たち

塗装職人所属:職業訓練指導員・一級塗装技能士「川口清」

川口清
職業訓練指導員・一級塗装技能士

塗装職人所属:職業訓練指導員・一級塗装技能士「竹内久雄」

竹内久雄
職業訓練指導員・一級塗装技能士

塗装職人所属:職業訓練指導員・一級塗装技能士「星野康弘」

星野康弘
職業訓練指導員・一級塗装技能士

塗装職人所属:一級塗装技能士「曽根和晃」

曽根和晃
一級塗装技能士

塗装職人所属:防水・シーリング専門「島田大地」

島田大地
防水・シーリング専門

塗装職人所属:職業訓練指導員・一級塗装技能士「須藤保」

須藤保
職業訓練指導員・一級塗装技能士

塗装職人所属:職業訓練指導員・一級塗装技能士「竹山勇太」

竹山勇太
職業訓練指導員・一級塗装技能士

塗装職人所属:一級塗装技能士「近藤博明」

近藤博明
一級塗装技能士・防水

改修・修繕・補修・防水、横浜を中心に、神奈川県内、一部の東京都内のマンション、横浜塗装職人をぜひお役立てください!

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)