改修・修繕・補修・防水 工事実績

改修・修繕・防水工事 横浜市内の工事実績

神奈川区での塩ビシート屋上防水工事

笠木(パラペット)の下地補修
下地補修で笠木(パラペット)にピンニングエポキシ注入し、浮きや剥離防止の作業をした後でウレタン防水をします。
屋上の笠木の補強クロス貼り
工程はプライマーを塗り補強クロスを張ってウレタンを塗布します。ウレタンは三層です。
屋上の笠木の補強クロス貼り完了
パラペットの防水完了。
屋上立ち上がりのシーリング
屋上は塩ビシート防水工事です。まずは立ち上がりの処理です。立ち上がりのシートを撤去していきます。
切付部の仮防水の処理
ドレン周り切付部の仮防水の処理をします。プライマーを塗ってシーリング処理です。
アンテナ架台の下地補修
アンテナ架台にカチオン系樹脂のモルタル成型し、絶縁シート等を張っていきます。
屋上床の下地補修
ディスク板を取付後、塩ビシートとディスクを専用工具にて加熱しながら融着していきます。塩ビシートを全面に貼っていきます。
屋上床に塩ビシートを貼り付け中
端まで隙間無くシートを貼りつけていきます。この時、シートの中に空気が入ったりヨレが出来ないように気を付けます。
防水施工にした工具
今回の施工に使っているIHディスクと塩ビシートを加熱接合する道具です。
改修用ドレンの取り付け
立ち上がりと改修用ドレンの取付です。
屋上の見えづらい部分の防水
見えない所でも手を抜いてしまうと、そこから剥離や漏水などのトラブルの元となります。ここもキッチリ仕上げていきます。
ドレン周りの補修
ドレン周りの作業。写真内にあるような電動工具など、様々な道具を駆使して補修作業を進めていきます。
アンテナ架台の塩ビシート貼り
アンテナ架台の塩ビシート貼りです。
立ち上がりの見えづらい部分のプライマー塗布
裏に手を伸ばし、刷毛を動かしていきます。角度的にとても見づらいですが覗きこむように作業を進めました。
立ち上がりのシーリング
立ち上がりに塩ビシートを張った後は、端末を金物もので止めてからその上をシーリングします。
設計事務所の一級建築士、一級塗装技能士、施主様での施工のチェック
設計事務所の一級建築士さんと一級塗装技能士、施主様と3人で防水のチェックです。
笠木のウレタン防水の仕上がり
屋上防水は塩ビシート笠木はウレタン防水です。
屋上の塩ビシート防水の仕上がり
少し離れて見た様子です。ヨレも歪みも無く綺麗に仕上がりました。
手すりの塗装の仕上がり
手すりの塗装も陽の光に反射してピカピカと光っています。
脱気筒周りの塩ビシート防水の仕上がり
脱気筒周りの処理もキッチリ出来ています。
アンテナ架台周りの塩ビシート防水の仕上がり
これで屋上の防水は完成です。

改修・修繕・補修・防水、横浜を中心に、神奈川県内、一部の東京都内のマンション、横浜塗装職人をぜひお役立てください!

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)