屋上・ベランダ・バルコニーの屋上防水:雨漏りをしっかり防水

改修工事における防水工事の種類:ウレタン防水・塩ビシート防水をお勧めしています

マンションの大規模修繕工事で、屋上の防水はメイン的な工事となります。

マンションの資産価値を維持するには、雨漏り防止は最重要ポイントのひとつです。
さらに台風時などの強烈な雨風の時でも不安なく過ごせなくては本来の防水工事とも言い切れません。

防水工事は、強烈な紫外線を浴び続け、酸性雨などにも長期間耐える施工が必要です。
いくつか種類がありますが、改修工事では一番多く防水性能も最も高いウレタン防水と塩ビシート防水をメインにお勧めしています。



改修工事では、「ウレタン防水」と「塩ビシート防水」が一番多く施工されています。
コストと防水性能どちらも優れているので、塗装職人でもこの2つをお勧めしています。

  • 屋上防水の施工のポイントはこちら
  • ベランダ・バルコニーの防水施工のポイントはこちら

また、目地や継ぎ目のシーリング、廊下の長尺シートも非常に重要な防水のポイントとなります。

  • シーリングの施工のポイントはこちら
  • 長尺シートの施工のポイントはこちら

ウレタン防水:ウレタンゴムによる防水

ウレタン防水について詳しくはこちら

ウレタン防水施工中の様子

ウレタンゴムで防水をします。
高粘度の液体を流し、硬化するとゴムになって雨漏りを防止します。
クラックだらけや水分が抜けずに湿気だらけのような現状の下地の状態が悪い場合は、ウレタンの下に絶縁シートというものなどを敷くと、下地の悪影響を受けないで済むため、ただのウレタン防水よりさらに耐久性のある防水工事ができます。
ウレタン防水施工中の様子

物置やソーラーなどの重量物などを設置する場合は、ウレタン防水よりシート状の防水などが適しているでしょう。

一番簡易に施工できる「ウレタン塗膜」、メッシュシートをウレタンに貼ってクラックに強く対応できる「クロス貼り工法」、現在の下地の状態が非常に悪い場合でも、高い防水性能が保てる通期緩衝工法など、一言でウレタン防水といっても様々のものがあるため、現場を調査診断して、一番状況にあった工法をご提案します。

塩ビシート防水:塩ビ製の防水シートによる防水

塩ビシート防水について詳しくはこちら

塩ビシート防水施工中の様子

塩ビ製のシートを敷き詰めて防水をする工法です。
ウレタン防水とちがい、一枚のシートを面積分だけ敷き詰めて、シートとシートの接合部は接着剤よりさらに確実な、シートを溶かしてシート同士を接合し一体化させて防水をする工法です。
通常は継ぎ目が弱くなるということはありませんが、雨漏りの原因にもなるので、そういった接合部や端末の金具取り付けの作業がとても大事になってきます。
塩ビシート防水施工後の様子

また屋上の床がただの平面ではなく、アンテナ架台などのようなものが設置してある場合は、シート状の塩ビシートは継ぎはぎだらけになるため、ウレタン防水が適しています。

簡単、安価なメンテナンスのトップコート

防水トップコート施工中の様子

防水を持たせるだけ持たせて放っておいて、一気に費用をかけて防水するよりも、トップコートによって、定期的にメンテナンスすれば、見た目の美しさも取り戻せて、防水機能も維持でき、結局長持ちさせることにもつながります。

防水トップコート施工中

その際に、劣化した場所を見つけられれば、部分的に補修ができて、後で被らなくていいような下地の補修なども最低限に抑えられ場合もあるので、定期的な管理もあわせてメンテナンスのご相談をいただければと思います。

アスファルト防水:トーチ工法によるアスファルト防水

アスファルト防水施工中の様子

塗装職人では、入居者さまの生活環境を考えて、トーチ工法によるアスファルト防水をしています。
常温化では固まっているアスファルトをガスバーナーであぶりながら溶かし防水層を作ります。
難点はバーナー時の煙や臭気が立ち込むことで現場状況がゆるせば施工可能です。
また熱に耐えられない現在の下地によっては、下地撤去する必要が出てきます。

火力加減によって防水性能に差が出ることもあるので、アスファルト防水に経験のある熟練の職人が雨漏りさせない作業をします。

FRP防水

マンションでは取り扱われることがほとんどない防水工事です。
ガラス繊維状のマットにポリエステル樹脂を塗布して施工します。

バルコニーやベランダでは使われていますが、私たちでは部分補修のみをお受けしています。

屋上、ベランダ、バルコニー、シーリング、長尺シート、資産価値の維持に一番大事な防水!横浜塗装職人の防水施工をぜひお役立てください!!

神奈川・横浜 塗装職人へのマンション修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは、通話料無料 0120-382-361 受付時間 午前9時~午後8時まで(土日も営業)